[福岡県春日市] 叱りなし褒めて育てるABA(応用行動分析)による自閉症児の療育施設です

092-586-6696
無料相談受付中

What's New

マママとまままよりお知らせ

2019.5.21

日本コミュニケーション障害学会発表(於:川崎医療福祉大学)

5月11(土)12(日)に岡山県倉敷市の川崎医療福祉大学で開催された第45回日本コミュニケーション障害学会で林がポスター発表を行いました。演題名は「ABAとJIS絵記号によるPECS訓練により『あげ・もらい行動』までを獲得したASDの一例」です。ABA訓練でも音声言語の獲得が難しと判断したお子さんにPECS訓練を通じてコミュニケーション手段の獲得を目指した事例です。言語能力と非言語能力の乖離(ディスクレ)をどう判断し、それが大きい時にどう将来を見て必要な訓練・指導を行っていくかということが背景にありました。PECSそのものはSTや特別支援学校にも広まっていますが、それがABAの原理と実践に基づくものであることを知らずに取り組んでいる先生方も多いようです。ABAができればPECSは簡単です、なぜならABAという支援方法はヒトが人に成長していく過程の行動原理から生まれたものだからです。個性を獲得するためのピラミッドの土台と言えるでしょう。今回の学会ではTEACCHの講演もあり、ますます二つは融合して来たと感じました。


page
top